眼科医のための英語論文の読み方

これであなたも読んだつもり(〃ノωノ)

2022年10月から眼科専門医が新専門医制度へ移行

time 2022/01/12

2022年10月から眼科専門医が新専門医制度へ移行
https://www.nichigan.or.jp/senmon/renewal/koshin_new.html

日眼会誌126巻1号(2022/1/10) p57-p59に記載がありました。要点をまとめます。

sponsored link

「日本眼科学会専門医」→「日本専門医機構による新専門医」へ移行し、新しい方法により、5年間で50単位を集めていくことになる

少し変更になる可能性はあるとのことですが、具体的には以下のようになるそうです。

  • 診療実績の証明リスト(5年間で経験した50症例の診療内奥記載リスト):5単位
  • 共通講習8個:8単位
  • 学会出席や講演会の受講、学会発表、論文発表(1時間で0.5単位)
  • Web方式の講演会も単位を認める方針

2022年10月に、もう一度、日本眼科学会のホームページを確認して、必要な単位をゲットし、更新のための日々の準備もする必要がある

なお、日本専門医機構のページ( https://jmsb.or.jp/senmoni/ )は、2022年1月現在、眼科の更新基準についての記載はありません。日本眼科学会のページ(https://www.nichigan.or.jp/senmon/renewal/koshin_new.html)を、2022年10月にもう一度閲覧するのが妥当かと思われます。

https://jmsb.or.jp/senmoni/

sponsored link