眼科医のための英語論文の読み方

これであなたも読んだつもり(〃ノωノ)

眼科専門医試験解答例2015(その6)

time 2015/09/13

眼科専門医試験解答例2015(その6)

51.a

52.c,d

53.c,d

54.a,c

55. c
a○ 開放性眼外傷
b○ 巨大裂孔に伴う網膜剥離
c× 裂孔原性網膜剥離
d○ 増殖性硝子体網膜症に伴う網膜剥離
e○ 初発又は再発難治性網膜剥離
http://www.info.pmda.go.jp/ygo/pack/400487/21600BZY00003000_A_01_01/
パーフルオロンの添付文書
パーフルオロ-n-オクタン

C8F18

56.d,e
a
b
c
d
e
http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~ortho/med/dis/dis2/dmr.htm

57.a

58.d? 小児ぶどう膜炎

59. b

b○ ARNの47-57%に、視神経症を合併する。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20645925
c× ARNは豚脂様角膜後面沈着物(肉芽腫性虹彩炎)
d× アシクロビル点滴、バラシクロビル内服、ファミシクロビル内服、フォスカルネット硝子体注射、ファミシクロビル硝子体注射
http://emedicine.medscape.com/article/1223047-treatment#showall
e×? 滲出斑は網膜周辺部から生じることが多いが、まれに後極部から生じることもある。
http://www.nichigan.or.jp/member/guideline/behcet-5.pdf

60.c,d
a× 眼内リンパ腫は両眼性
b?
c○
d○
http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_lymphoma.jsp
眼症状が先行した場合、8割近くの症例が数年以内に中枢神経系にもリンパ腫を生じ、多彩な神経症状を生じます。




sponsored link

down

コメントする